適当にしますかぁ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アイちゃん俺の所そうとう揺れたよ
2007年03月27日 (火) | 編集 |
地震ねユウくん
そう能登半島は相当揺れたんじゃないのかな
朝寝坊してたら起こされたから地震で
いつまで寝てるのよユウくん
ま~いいじゃん でも日本のどこでも地震はくるんだなぁと思ったよ
まぁ早く復興して海の幸ををたべにいくどぉ
てことで心の病ホナスタート


過去にこだわるから、今を動けない
うつ病者の時間は止まっている。体は現在に生きていても、心は過去の時間にとらわれている。
だから、あの時に、アーしたらあれはうまくいったのに」という事をいつまでも言い続けている。
バックミラーを見て運転すれば誰でも事故は起こすだろう。でも前を見られないのが、うつ病になるような人である。
心理的に健康な人は、、うつ病になるような人は前を見られるのにバックミラーを運転しているのはなぜだろうと思っている。
そうではない。前を見られないからバックミラーを見て運転しているのである。
過去にこだわるのは、今、動けないからである。
「もういい加減に代よ」といいたいほど過去を引きずって生きているのは、先に進めないからである。
うつ病になるような人は今何をしていいのかが分からない。自分が何をしたいのかが分からない。
心理的に言えば、長いこと安全な場所で自分は何をしたいかを考えてこなかったからである。
自分は何をしたいのかが分からない心理的にいえば、長いこと安全な場所で自分は何をしたいかを考えてこなかったからである。
心理的に言えば、長いこと安全な場所で自分は何をしたいかを考えてこなかったからである。危険地帯で生きてきたからである。
だから今先へ進もうとする時に、自分は間違いなくこれをしたいという確認が欲しい。
その確認がないと先に進めない。
自己執着的な納得をしてから先に行く。
子供の頃に足に怪我をして痛かった。
ところがそれを母親が傷口を口ですって薬を塗って治してくれたするとこの「痛みという体験は、痛くても過去のものとなる。この体験が園子の心を捉えてしまうという事はない。
そしてこの子はこの体験から生きる知恵を学ぶ。しかし、ここで母親が笑って無視したとする。そうなると、この小さい頃の怪我という体験は、心の世界では過去の体験にはならない。肉体的な痛みは過去のものだけれでも、憎しみを持ち、それがやがて恨みに成長する。
肉体的は過去だけれど、心理的にはその体験は今なのである。社会での時はすぎていくが、心の中では時はすぎていかない。
そこで過去への執着ということになる。傘寿年前に土手で母親に捨てられた。その人が十歳の時だった。今は四十歳である。
しかしその人の心の中には、その時の恐怖は残っている。「もう過ぎたことじゃないかと人は言う。しかし心の恐怖は消えない。
他人からみると、この悲しみや恐怖が分からない。だから、「いつまでも過去にこだわって」という。
そしてさらに二十年経ち、その人は七十歳でしょう」と言う。しかし憎しみは消えない。
人は、「いったい何歳になっているの?もう七十歳でしょう」と言う。しかし憎しみは消えない。
人は見える行為のみを見る。だから「もう許してあげてもいいんじゃない」と言う。
しかし、本人にしてみればそれは過去の出来事でない。その悲しみや恐怖は今の悲しみであり、今の恐怖なのである。
スポンサーサイト
テーマ:
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。