適当にしますかぁ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アイちゃん寒いどぉ
2006年12月29日 (金) | 編集 |
く~雪がつもったぁ外にでられわぁ
初雪ねユウくん
ん~今年は雪なんか降らないじゃないかというぐらい暖かかったもんね
そう私も今年は雪見られないじゃないかと思ったわ
アイちゃんもかぁ 環境破壊が原因だもんね
そうゴミはちゃんと選別しなさいよユウくん
はいアイちゃんてことで心の病の続きいきますか
ホナスタート

「励ましは逆効果」
外を散歩したのでは憎しみの感情が表現できない。
憂鬱になっている人が一番切羽詰っているのは、心の憎しみの表現なのである。
それが憂鬱な顔をしてじっと座っている事なのである。
普通の人が憂鬱な人を元気にしてあげようとする言動が、逆に憂鬱になっている人をさらに追い込んでいく。
励ます人の意図とは逆に、その人をもっと憂鬱にしてしまう。
それは、じっと座って細々としている感情表現を止めさせるアドヴァイスだからである。
だから「元気出せよ」というアドヴァイスが逆効果しか表さないのである。
憂鬱な人は具体的に気が晴れる方法を聞いているのではない。
憂鬱な人は気が晴れるために具体的に何をすればいいのかを聞いているのではない。
自分のやりきれない気持ちを聞いて欲しいのである。そのやりきれない気持ちをくみとって欲しいのである。
よく不登校の人を励ましていけないというアドヴァイスがなされる。
その通りなのであるが、なぜ励ましていけないかという理由が説明されていない。
大切なのはその人の無念の気持ち、悔しさ、憎しみの感情をくみ取ってあげるという事なのである。
彼らは「私を愛して」と叫んでいるのである。それなのに愛してくれないから憎んでいるのである。
例えば不登校であれば、学校に行かないことによってその子が何を表現しているのかという事を考える事が必要である。
それを考えないで、単に「何も学校に行く必要はない」とか、不登校生徒を集めて学校のようなまねをするとかいう人が出てくるのはおかしな話である。学校には行ったほうがよい。
打つ病者の感情として抑うつ感情のほかによく言われるのが、「もの悲しい」という感情である。
「もの悲しい」のは外に向けられるべき攻撃性が自分に向けられているからである。
さらに「すべてがダメ」という感じ方である。これはまさに生きる気力がなくなっていることを表している。
生命力が低下した事を表している。何か特定の具体的なことが出来ないというのではない。
生きることそのことが出来ないのである。うつ病になるという事は、生命が干からびてしまったような状態である。
うつ病の感情としてほかに「打ちのめされた」という気持ちもよく言われる。
これは自分の感情を表現できていないからである。感情のはけ口がないから、こういう感じ方になってしまうのである。
スポンサーサイト
テーマ:
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。