適当にしますかぁ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アイちゃん今日は投稿できそう
2006年11月28日 (火) | 編集 |
アイちゃんつまらないかもしれないけどこのまま続けるよ
それでいいんじゃないの真面目な事書いていても読んでくれる人がいるんだから
そうだねホナ続きいきますか

人間の基礎作りの時期に土台がつくれなかった
無力に生まれて、仲間として育てられ、そこで食べ方も、歩き方の教わる。
しかしそれ以上に大切なのは、仲間として育てられ、そこで食べ方も歩き方も教わる。
しかしそれ以上に大切なのは、仲間といることを教えられる。そこでコミュニケーション能力を身につける。
うつ病になるような人の場合、それを教えるべき肉親がその人を仲間はずれにしていじめるのである。
小さい頃のいじめは、大人になって会社に入っていじめられるのと訳が違う。
人間として最も大切な基礎をつくるところで、基礎を滅茶苦茶にされる。土台作りをする時期に土台を作らせない
こうして生きる土台がないまま人生をスタートする人もいる。
それ以後どのような環境になっても、その素晴らしい環境は、掛け算でゼロをかけられた数字のようにゼロになってしまう。
肉親は、天使にもなれば悪魔にもなる。天使になれる力があるから、悪魔にもなれるのである。
うつ病者の「人が楽しそうにしているとますます心が暗くなる」という言葉は十分に考える必要がある。
普通は「人が楽しそうにしていると自分も気が晴れる、明るくなる」。
しかし逆に「暗くなる」ということはどういうことであろうか。
それは「なんで俺だけが、こうなんだ」という気持ちが強いからである。
うつ病になるような人は、普通の人と違って自分は特別に辛い人生をを生きていると思っている。
その不公平感がうつ病者を苦しめているのである。
「何で俺だけがこんな辛い思いをしなければならないんだ」という無念さである。
スポンサーサイト
テーマ:
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。