適当にしますかぁ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アイちゃん心理を読み取ろうか
2006年10月10日 (火) | 編集 |
ユウくんナンの心理?
うつ病の心理だよ
解らないよ!
んーうつ病になると被害妄想が普通の人以上になるっていうことだよ
それで?
だからそれを少しでも和らげる方向に進めばいいと思う
じゃあいきますか ホナスタート

惨めさを訴える事で憎しみを表現する
生きることに疲れてような人がブツブツと、「私は傷つけられた、傷つけられた」と言い続けていることがある。
周りの人は「そうかなー」と疑問に思う。彼が「私は傷つけられた、傷つけられた」ということは、
私はあの人が憎らしい、許せない、殺したい」と言う意味なのである。
日頃の憎しみの感情をストレートに吐き出せないので、
「傷つけられた」と惨めさを誇張することで憎しみの感情を吐き出そうとしているのである。
それを周囲の人は、「皆は貴方のことをそんなに傷つけていないわよ、何か勘違いをしているのではないの」と言ってしまう。
周囲の人は、惨めさを訴えている人の言葉の中にある心理を読み取ろうとはしない。
生きることに疲れたあなたが、「私はひどい目にあった、私はとんでもない目に合わされた」といつまでもいつまでも被害を訴えているとする。
あなたはそういいつつ周囲の人を責めているのである。あなたは周囲の人に怒っているけどその怒りは直接表せない。
そこで惨めさや受けた被害を訴えているのである。
すると周囲の人は、「そんなに酷い目にあっているのかしら?私はそうは思わないけど」と疑問視する。
そこであなたはもっと深く傷つく。事実、あなたは実際にあった被害を誇張している。
周囲の人の言う通り、あなたが言うほどあなたは人々から酷い目に合わされてはいない。
しかしあなたが、「私はこんな酷い目にあった」と事実を誇張するのは、
その言葉で心の底に根雪となっている憎しみの感情を吐き出そうとしているからである。
あなたがその言葉で訴えようとしているのは、実際の被害の状況ではなく、
日々吐き出される事もなく心の底に積もり積もった憎しみの感情である。
スポンサーサイト
テーマ:
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。