適当にしますかぁ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アイちゃん今日は夫婦関係だよ
2006年10月04日 (水) | 編集 |
ユウくん夫婦関係って?
それは俺みたいにならないように相手の考えていることに
気づいてあげることだよ
そうね夫婦にとって一番大事なことかもね
じゃあアイちゃんいくよ
ホナスタート

大人だって認められたい
いや子供ばかりでなない。大人だって認めてほしい。
この「認めてほしい」という気持ちをくみ取りそこなうから人間関係がうまくいかないのである。
子供でも大人でも、「凄いねー」と褒めてもらうために、ある事を話題に出してくるという事は意外に多い。
自分のしたこと、あるいは自分の立場などを認めてもらいたくて、ある事を話題に出してくる。
夫は会社のことを話題に出す。
たとえば部下のできの悪さを話題に出すそれはそのできの悪い部下に耐えている「俺は凄いだろう」という言う意味である。
夫は妻から褒めてもらいたいのである。それは部下でも上司でも恋人でも関係ない。
例えば夫が同僚について「押しが弱い、何事も事なかれ主義で、はっきりと物事を言わない」といったとする。
そこで妻が「はっきりと、あなたのこう言う所が嫌いだとなぜ言えないの」と具体的な解決策を言ったとする。
ところが夫が求めているのは解決策でなない。
妻の「あなた、会社で大変なのね」というねぎらいの言葉である。
それを妻が単に「できの悪い部下の話題」「優柔不断な同僚の話題」としてあつかうから夫は不愉快になるのである。
つまり妻は夫の話を聞いた後で、「それに耐えているあなたはすごい」と言わないで。
具体的に「こうしたらいいのではないか」と提案したので不愉快になったのである。
夫はそんな具体的な提案を妻から、聞くために、部下や同僚の事を話しているのではない。
「上も下もだらしがない中で、あなたは頑張っているのね。
凄いわ私なんかに真似できないわ」と誉めてもらうために会社の人間を話題にだしている・・・・・つづく
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。