適当にしますかぁ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アイちゃん死にかけたどぉ
2007年12月12日 (水) | 編集 |
ユウくん何かあったの?
それがねアイちゃん日曜日に鈴鹿山脈の鎌ヶ岳に登ったんだけど
また山に行ったのね
そう最初は雪も降って吹雪いていたんだけど
そう雪で寒かったんだぁ
違うよアイちゃんそんなのは想定済みでどうってことなかったんだけど山を下り始めたら
道に迷ってしまって何処をどうあるいているのか分からなくなってしまって
そうなのユウくんそれがとても怖かったのね
それも違うよアイちゃん道に迷ったときには沢沿いに歩いて脱出するのが鉄則でその通り
にしてたんだ
じゃあユウくん何で死に掛けたの?
それがね沢沿い歩いていたのはいいんだけど途中で10メートルぐらいの滝にぶつかってしまった
じゃあユウくんそれ以上進めないから死にかけたのね!
違うよアイちゃんおれはそこで考えた上に進めば尾根道が必ずあるはずと考えて上に登ったんだ
ユウくんじゃあ何処でしにかけたの?
その登りだよなんせ100メートル以上の崖死に物狂いで登ったんだ
それで死に掛けたのね
まだまだだよアイちゃん
いったいどこで死に掛けたの?
500メートル以上登った時もうくたくたで日も沈んでいたんで寝床を探しあてた時だった
さあここで寝床にしようとした時持っていたカメラを落としたんだ
そのカメラ大丈夫なのユウくん?
もうダメだろななんせ100メートル下の谷底に落ちていったから
そうそれが死にかけたってことなのね?
それがまだ続きがあってねそのカメラを探しに崖を滑り降りていってんだそしたらね谷底
で50メートルの断崖があってなんとか木の根に引っかかって止まった
止まらなかったら確実に死んでいた 今考えたらそのカメラは俺の身代わりになってくれたようもの もうこのブログも終わりだっただろうな
その夜はどうしたのユウくん
もちろん野宿だよ もう氷点下で物凄く寒かった よく凍傷にならなかったもんだとおれ自身を誉めてあげたよ
このこと他の人に話したのユウくん?
次の日山を降りた時に登山の人に話したよ その人が言うには生きていただけでもよかったじゃないかと言って暖かいスープをご馳走になった美味しかった
他の人にはユウくん?
言ってないよ警察沙汰になったら大変だもん
もうユウくん山はコリゴリでしょう
アイちゃんカメラの弔い合戦だ鎌ヶ岳よ待ってろよもう一度挑戦してやるどぉ
好きにすればぁ
今日はこれまで写真を出す気分じゃあないので
ちなみカメラは新しいカメラを買ってしまった でも落ちていったカメラ思い出が一杯でお墓でも作ろうかなぁ まあ仕方ないか俺の命の恩人だもん ほな
スポンサーサイト
テーマ:写真日記
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。