適当にしますかぁ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アイちゃん予定あるの
2007年04月26日 (木) | 編集 |
何の話ユウくん
もちゴールデンウィークのことだよ
私をさそっているなら無理よデートがあるからね
そうかぁ仕方ないな 行楽地は人で一杯だからどうしようかなぁ
まあカメラでも買って人のいない珍しいものでも撮りに行くかぁ
ってことで心の病しばらくぶりでホナスタート

受身の態度が困難を呼びこむ
生きることに疲れた人は当たり前であるが、何事にも積極的になれない。
自分から何かをしようと言う意欲はない。今のままで生きることが精一杯なのである。
だからこれをすれば楽になるという事が分かっても、それをする気力が残っていない。
自分から部屋を片付ける気にはならない。部屋を片付けると気持ちよくなるといわれても、自分から部屋を片付ける気にはならない。
部屋に花を飾ったら部屋が明るくなるといわれても自分から花を飾る気にはならない。
人が替えてくれるのを待つ。受身でいるから当然、日々困難は増大してくる。
いつも受身でいるうちに、なんでもないことが物凄い困難に思えてくる。
受身でいるからストレスが増してくる。困難に出会うから受身が物事を困難にしてしまうのである。
受身の態度や考え方が困難を呼び込んでしまう。これが「悩みは自分でつくる」と言う意味である。
では、人ななぜ受身になるのか。それは生きることに疲れる理由と同じである。
心の底の憎しみが出口を見つけられないでいるからである。
表現されようとする憎しみの感情と、それを抑えようとする意識的な力が心の中で葛藤し、エネルギーを消耗してしまう。
受身と言うようなややこしい考え方をしないで、説明すれば、うつ病者は何かをするのがとにかく「もういや」なのである。
うつ病者の受身の生活態度が、うつ病者の生活を蝕んでいる事は明らかである。
スポンサーサイト
テーマ:
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/04/29(Sun) 21:41 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。