適当にしますかぁ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アイちゃんバテ気味だよなんとかならんかなぁ
2007年04月22日 (日) | 編集 |
アイちゃんもうすぐゴールデンウィークなのに予定がないし何とか考えないといけないなぁ
もう決めておかないと日にちがないわよユウくん
んーアイちゃん相手してぇ
嫌よ私は予定がいっぱいよ
そうか何とかしてみつけようっと
ところでアイちゃん銃犯罪が多発してるね
そうねアメリカでも大学で沢山のひとが犠牲になったわね
俺が思うに孤立して自暴自棄になり犯罪にはしった様な気がする
そうかもねユウくん
孤立しうつ状態になれば誰でもおかしくなる これからの世の中は心の問題が物凄く大きくなってくるかも
ってことで心の病は重要ってことでホナスタート

生きることに疲れた人は自分から行動を起こせない
セリグマンはうつの中心的症状として、「受動性」「消極的見通し」「無力感」の三つをあげている。
その一つ一つについて考えて生きたい。
セリグマンはうつ病の中心的症状として受動性をあげている。
「一つの戸が閉まれば別の戸が開くといっても、黙って待っていたのでは別のとは開かない。
しかしうつ病になるような人や生きることに疲れた人は、別の戸をこじ開ける気力がない。
ドアを自分で開けようとする人もいれば、誰かがドアを開けてくれるのを待っている人もいる。
自分できに登ってリンゴを取ろうとする人もいれば、リンゴが木から落ちてくるのを待っている人もいる。
生きることに疲れた人は待っている。うつ病者も待つ人である。
しかし怠け者だから待っているのとは違う。逆に頑張りすぎて、もう自分で木に登ってリンゴを取るエネルギーが残っていないのである。
あるいは取ってもらうのが嬉しいのである。リンゴそのものが欲しいのではなく、人が自分のために何かをしてくれるのが嬉しいのである。
それは愛を求めているからである。
うつ病になるような人、つまり生きることに疲れた人は、人から何かをしてもらう事ばかりを考える。
人に笑顔を求めるが、自分が笑顔で接する事は考えない。
生は自分から行動を起こさない。生きることに疲れた人は、「誰か俺を何とかしてくれ」と叫んでいるのである。
スポンサーサイト
テーマ:
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/04/26(Thu) 08:46 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。